転職にEQを活用する <EQの重要性について>

転職にEQ力

私達の行動は常に感情の影響を受けている為、その行動のもとにある、感情を把握することが必要です。まずは現在のEQ力を把握することをおすすめします。

自身のEQ力を知ることによって成長を図る事が出来ます

EQ能力は客観的データで自分自身の強みや弱みを知ることにより上昇させる事が出来ます。EQ力をアップすることで自分を成長させられるのです。

経験(知識、技術)があっても今の時代希望する企業へ転職することが難しいのが現状です。経験がなくてもEQ能力を活かして企業にアピールする、そんな転職時代がスタートしています。

EQが良い人間関係を築く

EQが高いと言うことは、簡単に言えば自らの感情を知りそれをコントロールして上手に利用出来ると言うことです。もしEQが低ければ仮にIQが高くてもその能力を十分に活かすことは出来ません。
知識や技術を最大限に活かすことが、良き人間関係を築くためにも重要なポイントです。

EQの歴史とその重要性

IQだけでは成功しない

EQ(Emotional Intelligence Quotient)は、1990年、現在エール大学学長を務めるピーター・サロベイ博士とニューハンプシャー大学教授のジョン・メイヤー博士によって提唱されました。

彼らが着目したのは、心理学の立場から、ビジネス社会における成功の要因とは何かを探ることでした。

ご存知のようにアメリカは能力主義の世界であり、その能力を測る指標のひとつとして有力視されているのが修士や学士といった学歴です。このため、学歴が高い、すなわちIQ(Intelligence Quotient =知能指数)が高い人材がビジネスでも成功すると一般的に考えられてきました。しかし、IQが高くともビジネス社会で成功しない人もいくらでもいます。とすると、ビジネスにおける能力とはいったい何なのでしょう。IQが一定の役割を果たしていることは間違いありません。
しかし、それ以外に成功のためには別の能力が必要なのでしょうか。

両博士は、この仮説に立って、ビジネスパーソンを対象にした広範な調査研究を行ないました。その結果、明らかになったのが「ビジネスで成功した人は、ほぼ例外なく対人関係能力に優れている」というものでした。

それは具体的には、ビジネス社会で成功した人は「自分の感情の状態を把握し、それを上手に管理調整するだけでなく、他者の感情の状態を知覚する能力に長けている」というものでした。

このため、クライアントなど社外との関係もうまく維持調整することができ、社内的にも多くの協力者を得ることができるため、結果的にハイ・パフォーマーとしての成果を生み出していたのです。

これらの研究結果から、サロベイ、メイヤー両博士が提唱したのが「感情をうまく管理し、利用できることは、ひとつの能力である」というEQ理論です。

世界的には『EQこころの知能指数』(ダニエル・ゴールマン著、邦訳は講談社刊)がベストセラーになり、世界トップ企業といわれる「フォーチュン500社」のうち、8割の企業が教育などの研修等によって自社になんらかの形でEQを導入しています。

日本でも企業や研修だけでなく、教育現場における人材育成などにおいて各自治体などでも広く取り入れられるようになってきています。

EQとは人のOSである

EQは、感情を上手に管理し利用することで、「前向き」な感情を生み出すことを主眼としています。

「明るい」「喜び」「楽しい」「意欲的な」「安らぎ」「やる気」といった積極的な感情です。こうした感情は前向きな思考につながり、前向きな行動を生み、成果に結びつけることができるのです。前向きな感情は大きな「資産」でもあるのです。

みなさんの企業や職場にも、上司や同僚、部下たちから仕事ができると一目置かれ、人格的にも尊敬されているような、そんな人はいませんか?そういった人材が持っている能力はどのようなものでしょうか。

ビジネスに必要な能力には、IQやスキル、業務知識や経験など、いろいろなものが考えられますが、優れた人材はこれらの能力に加えて、仕事に対する高いモチベーションや、相手の気持ちを理解し、行動できる能力を持っています。

こうした「人間的魅力」を支えているのがEQなのです。

パソコンにたとえると、EQは基本システムであるOS(オペレーション・システム)といえます。その土台がうまく機能してから、はじめてIQやスキル、業務知識などのアプリケーション・ソフトが最大限に発揮されるようになるのです。


Source from EQ Japan Inc.

EQIについて

※EQI(行動特性検査)とは

EQ理論をベースに、EQの発揮度合いを行動面から測定する検査です。個人の“強み”、“弱み”を把握し、「あるべき姿」と「現状」のギャップを理解し、自己の育成ポイントを見極める事が可能となります。EQIは、これまでに多くの企業で 人材採用/育成/配置等に利用されています。

※EQIを構成する【3つの知性】【8つの能力】【24の素養】

EQIは、EQ理論をベースに「3つの知性」とそれを支える「8つの能力」、その能力を生み出す「24の素養」により構成されており、EQという知能を通して最終的に発揮している「現在の行動特性=行動のクセ」を測定します。この結果から、個人の“強み”、“弱み”を把握したり、組織風土の客観的な分析(組織分析)ができます。組織の中で、個人をどのように育成していくのかという課題が明確になります。

【心的知性 】

1.自己認識力 (1)私的自己意識 自分自身の気持ちを把握しているか
(2)社会的自己意識 他者の目に映る自分の姿に配慮しているか
(3)抑鬱性 過去の失敗やいやな体験を割り切っているか
(4)特性不安 新たな取り組みに際して不安や心配なく取り組めるか
2.ストレス共生 (5)自己コントロール 自分の感情を調整しているか
(6)ストレス対処 ストレスを上手に解消しているか
(7)精神安定性 精神的に落ち着き、安定しているか
3.気力創出力 (8)セルフ・エフィカシー 自分の能力・知識・経験に自信があるか

(9)達成動機

目標達成意欲やチャレンジ精神があるか
(10)気力充実度 充実感や満足感がありエネルギーに満ちているか
(11)楽観性 物事を前向きに捉え、ポジティブに取り組んでいるか

【対人関係知性】

4.自己表現力 (12)情緒的表現性 喜怒哀楽の感情を素直に表現しているか
(13)ノンバーバル・スキル 表情・視線・身振り・声のトーンなどを使いこなしているか
5.アサーション (14)自主独立性 主体性や独自性を持っているか
(15)柔軟性 物の見方や受け取り方が幅広く多様性を理解して受容しているか
(16)自己主張性 自分の考えや思いを率直に述べているか
6.対人関係力 (17)対人問題解決力 人間関係上のトラブル解決に積極的か
(18)人間関係度 人間関係を広く良好に維持しているか

【状況判断知性】

7.対人受容力 (19)オープンネス 自分から広くこころを開いているか
(20)精神的感受性 他者の気持ちを敏感に察知しているか
(21)状況モニタリング 場の雰囲気や周囲の状況を観察しているか
8.共感力 (22)感情的温かさ 温かいこころを持ちながら他者に接しているか
(23)感情的被影響性 他者からの感情的な影響を受けやすいか
(24)共感的理解 他者の立場に立って理解しようとしているか